リフレクティックスREFLECTIX

遮熱材リフレクティックス

様々な場所で力を発揮

「快適な空間を作りたい」「電気使用量の削減ができたら」「冬、暖かな家で過ごしたい」。
その思い、「遮熱材リフレクティックス」で叶えませんか。
暑い、寒い、涼しい、という感覚は、単に室内の室温だけで決まるものではありません。
その部屋を囲む天井、壁、床の温度によって大きく変わるのです。

遮熱材リフレクティックス
熱移動の75%は輻射熱
輻射熱をカットする決め手は反射率!

熱の移動には対流、伝導、輻射があります。太陽の赤外線や熱線、電磁波が物体に当たるとその物体はそのエネルギーを得て輻射熱を持ちます。これまで建物の断熱を考えるときには、主に対流と伝導に重きが置かれてきました。しかし、建物を快適な空間に保つためには、輻射熱をコントロールすることが重要です。熱伝導率の低い、厚い断熱材を使っても、それはあくまで対流や伝導の熱の移動を遅くするためであって、根本解決にはなっていません。リフレクティックスは、従来の断熱材と比べ、保冷・保温効果を飛躍的に向上させた遮熱材です。リフレクティックスは熱を99%反射し、さらに吸収した残りの1%はエアーキャップにより熱の伝導を阻止します。

リフレクティックスは、住宅、アパート、マンションはもちろんのこと、学校や体育館、店舗、大型商業施設、工場、倉庫など様々な場所で力を発揮しています。また、建物のみならず、保冷車や低温車両などにも活用されています。

リフレクティックスは、もともと宇宙船や宇宙服に使用する「反射絶縁材料」として、アメリカのリフレクティックス社が開発した素材です。その優れた反射技術を進化させ、店舗や工場など多くの建物で使えるシンプル構造体の遮熱材リフレクティックスが登場しました。株式会社カズノはリフレクティックスの日本国内の総輸入元の佐武社より特約代理店として提供を受け、施工対応も承っております。

  • リフレクティックス イメージ
  • リフレクティックス イメージ
  • リフレクティックス イメージ
  • リフレクティックス イメージ

熱中症対策や労働環境改善の決め手は遮熱と言っても過言ではありません。多方面に展開可能なリフレクティックスは、責任施工体制をとっています。きちんとした技術と知識を持つ、遮熱施工管理士免許証(一般社団法人環境マテリアル推進機構発行)を有する、熱力学を極めたプロ集団のみが施工人です。

リフレクティックスの主な特長

  • 夏の暑さ予防・冬の寒さ対策

    ほとんどの建材は輻射熱の反射率が低く外部の熱を吸収します。リフレクティックスは、輻射熱を反射させることにより室内の冷気を保ちます。

    リフレクティックスの輻射熱反射率は99%。室内から発生する冷エネルギーを外部に逃さず室内に戻してくれます。

    輻射熱吸収率1%のリフレクティックスは、室外の冷気に対しても同等の効果を発揮します。室内の暖気も逃がさないので、暖かで快適な環境を保ちます。

  • 驚異的な省エネ性能

    リフレクティックスを採用することで「夏は涼しく冬は暖かい」空間を常に保て、エアコンの稼働率も下がります。壁・天井にリフレクティックスを施工した米国の工場では外気温38.5℃でもエアコン不要の建物があります。実際に、従来の断熱材と比べ冷凍庫体積1m³あたりの電気代が50%以上の削減につながった事例もあるほど。店舗・工場の光熱費、CO2削減にも削減に貢献します。

    また、7層構造のリフレクティックスは接着剤を一切使っていません。再利用も可能なエコな製品です。

  • 様々な用途に使用

    リフレクティックスは、施工のしやすさも特長です。使用温度範囲が-50℃から80℃と広く、圧縮強度40t/m²、引張強度2.64kg/mm²と強高度。超薄型のため、取り付け空間が少なくてすみ、その分だけ空間が有効に利用できます。

    床暖房システムの床下に貼ったり、ダクトやパイプに巻きつければ熱損失・熱取得を防ぎ冷暖房費の削減が可能に。さらに保冷車や冷蔵庫の壁内にリフレクティックスを使うことで、保冷効果のアップにつながります。熱による品質の変化が心配されるシーフード、薬品、精密機器、冷凍食品、野菜などの輸送・保管に最適です。

リフレクティックスの施工例はこちら

リフレクティックスについて
詳しくはお問い合わせくださいお問い合わせはこちらメールフォームリフレクティックスカタログ