リラクルタイムBLOG

地震から家を守る3つの柱をご存知ですか?

write:2018.05.09スーパージオの本音

皆さんはよく地震に強い家などの言葉を耳にすると思います。

東北地震や熊本地震があってからは、特に気にかけているのではないでしょうか。  

それでは、地震から家を守るための3つの柱をご存知でしょうか?

☆1つ目は、「 耐 震 」です。                           子豚S.png

耐震とは、文字通り震度(強い揺れ)に耐えると書きます。
これには地盤から上の部分、つまり建築物に対して
耐震対策用の金具などを設置、使用し耐震等級を上げ
て家を造ります。

☆2つ目は、「 制 震 」です。

制震とは、震度(強い揺れ)を制御すること。
やはりこれも建物に特化しており、揺れを吸収する
スリット材や筋交いなどの緩衝材を入れて、硬い柱や
壁などが揺れによって直接ぶつかって起きる建物の
亀裂や倒壊を防ぐためのものです。

☆3つ目は、「 免 震 」です。

免震とは、震度(強い揺れ)を少しでも免れる方法の事!
つまり地面から伝わる揺れをできるだけ建物に伝えない方法
です。耐震用の金物や緩衝材で揺れを制御する前に基本とな
る揺れを建物にできるだけ伝えない!
このことにカズノは、力を入れております。

杭は、基本的に地震対策のものではなく、あくまでも沈下対策を主とするものです。
特に軟弱地盤のところでは、地盤だけが下がり建物の土台がむき出しになる恐れがあるのです。
それに比べスーパージオ工法は、たとえ地盤が下がっても家全体も一緒に下がるので土台がむき出しになったり、傾いたりすることが少ないのです。

そしてカズノが推奨するスーパージオ工法は、基礎と建物の間にスーパージオを敷き詰め、緩衝材の働きをさせて激しい揺れを58.5%も減衰させる効果があり一般的な免震装置ではありえない効果を発揮します。
そして震動により水と土が分解されると、水だけをスーパージオのなかに一旦納め、そして地中が安定した段階で徐々に水を地中へ戻し、それにより液状化による地盤沈下を防ぎ、倒壊や傾きから建物を守るのです。
特に地震の多い北海道や軟弱地盤による沈下問題が発生しやすい北海道には、最高の味方になってくれるであろうと思います。
いくら建物を強くしても揺れが直接伝わる地震対策では、家は倒壊しなくても家の中では家具などが倒れたり、物が飛び散ったり大変な状況になってしまうのです。

みなさんも今一度、大切な財産でもあるマイホームを地盤から考えてみませんか?

□ □ 詳しくは、カズノホームページ「スーパージオ工法」をご覧ください。□ □

         こちらをクリック! 

札幌で建築資材のことならカズノ。
冷暖房費を大幅削減できる遮熱材“リフレクティックス”
地震から家を守る免震工法“スーパージオ”
自然素材で木造住宅の寿命を延ばす“エコボロン”等の資材販売
各種工事、施工監理はお任せください。

~YESで応じるカズノです~

株式会社カズノ:https://www.kazuno-sapporo.jp/